もし、あなたが女性なら、短時間でも高収入

歯茎トラブルも解決

口の中のトラブルに歯科は対応してくれます

突然歯茎が腫れて出血をするようになりました。歯磨きをすると猛烈な痛みがありましてこれは手に負えないと思ったので歯科にかかりました。診断は歯槽膿漏です。言葉では聞いたことがありますが歯槽膿漏に自分がかかるなんて思ってもいませんでした。歯茎の出血がおさまるまでは優しくブラッシングをしなさいと歯科で言われたのでその通りにしました。抗生剤を処方されてまずは一週間様子を見ることになりました。一週間たっても状態は変わらず点滴で抗生剤を体に入れることになりました。それが効果があったようですっかり腫れはひきました。歯科にかかったことで原因がわかって治療することができました。おかげでまた歯槽膿漏になることなく過ごしています。

歯茎の腫れに注意しましょう

自分のように歯槽膿漏で歯科にかかる人はとても多いようです。普段の歯磨きの時には歯茎もマッサージをしないといけないことを知りました。歯茎が赤いと炎症を起こしています。ピンク色が理想なのだそうです。また堅めの歯ブラシであれば歯茎を傷つけてしまうので柔らかめの歯ブラシで優しくマッサージをするようにと歯科で指導を受けました。知っているようで知らない歯磨き方法ですが歯科で教えてもらうことができます。定期的に受診しているときに口の中のトラブルの対処の仕方を教えてもらうといいでしよう。特にトラブルがなくても半年に一度は歯科を訪れて歯石を取り除いたり虫歯などのチェックをしてもらうといいでしょう。それによって大きなトラブルになる前に見つけることができるのです。