美しくなりたいのならスキンケアに時間をかけろ

1日のうちであなたは何回スキンケアをしますか?

朝起きてから、お化粧をする前、メイクを落とした後、夜お風呂に入った後などなど、スキンケアはお肌に水分と栄養を与える、いわばお肌のお食事の時間なのです。

つまりスキンケアに時間をかけるほど、お肌は美しくなっていくのです。

まずお化粧をする前に、鏡を見てください。頬などお肌に赤みはありませんか?
それはお肌が鎮静されていない証拠です。鎮静用の部分パックなどを使ってお肌を落ち着けましょう。

赤みの上にそのままファンデーションを重ねてしまったら、赤みを隠そうと厚塗りになってしまいがちです。

しかし鎮静させ赤みを落ち着けた後なら、厚化粧にならず素肌感を残したままのお化粧ができることでしょう。

お風呂に入ったら、今日一日頑張ってくれたお肌をしっかり休めてあげましょう。

まず洗顔はお肌に刺激にならないよう、ぬるま湯で行います。また肌に直接触れると刺激になるので、もこもこの泡で洗います。

その後ぬるま湯で泡を流しますが、最後に冷水でお顔を何回か洗ってください。汚れが出た毛穴がキュッとしまってくれます。

化粧水はたっぷり使いましょう。ごしごしするのではなく、お肌にじっくりなじませていくイメージです。

また夜はパックを使うのもとても効果的です。パックなら、髪を乾かしながら、テレビを見ながら、ながら保湿ができちゃいます。

化粧水やパックでしっかりと保湿した肌には、乳液で蓋をしましょう。

乳液もお肌に刺激を与えず、じっくりしみ込ませていくイメージですが、つけすぎるとベタベタしたり翌日垢のようになって出てきてしまいます。

スキンケアはお顔の外側に向かって塗る人が多いので、特にフェイスライン・ヘッドラインに乳液が溜まりやすいので気を付けましょう。

オールインワンジェルでまとめてスキンケアする人もいるかと思いますが、私がおすすめするのはシズカゲル(http://www.paddle2live.org/)。ニューヨークの医師とエステティシャンが共同開発したという美容液タイプのオールインワンジェルです。

いかがでしたか?今ご紹介したスキンケア方法はごく一部です。少々手間に感じる方もいるかもしれません。

しかし自分のお肌を労わろうという気持ちで、丁寧に時間をかけてスキンケアをすることで、素肌が綺麗になり、お化粧ノリもよくなり、さらに美しくなれるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*