肌本来の保湿力を取り戻してハリのある肌へ

肌には本来保湿機能が備わっているため、ターンオーバーが正常に行われていれば酷い肌荒れは起きません。

ターンオーバーを繰り返すためには保湿が大切です。保湿は肌のセラミドが関係していて、年を取るごとにセラミドの量は少なくなっていくので外から補っていかなくてはなりません。

コーセーの米肌はセラミドを作るライスパワーNo.11を配合し、お肌の水分保持能を強化してくれます。

しかし、どれだけスキンケアに気を付けていても肌荒れが治らない方や毛穴の詰まりが取れない方などはいます。

なぜ肌荒れが治らないのか、その原因は過度なスキンケアによるものです。もともと保湿機能があるにもかかわらず、上から化粧水などを塗ってしまうことで肌はその状態に甘えてしまい、本来の仕事を怠るようになってしまいます。

肌荒れを根本的に改善させるためには、肌本来の機能を取り戻す必要があります。そのためには肌に何も付けない状態をつく出すことが重要となります。

最近では男性の方も化粧水をつけることが当たり前となってきました。女性の場合は外出の際は化粧をしていることが多いため、お風呂上りなどはお肌を労わるために化粧水をつける方が多いです。

男女ともに肌に何もつけていない状態の時間が少なくなっています。肌本来の働きを取り戻すためにも、この「何も付けない状態」を増やさなければなりません。

この状態のことを肌断食といいます。

肌断食を行うことで肌本来の機能を回復させ、肌荒れを根本から解決することに繋がるのです。

しかし、今まで化粧水や乳液などを与え続けた肌は自身の仕事を忘れた状態にあります。

そのため、急にすべてのスキンケアをやめてしまうと肌がびっくりして酷い乾燥状態に陥ってしまうことがあります。

そうならないためには、まずは数時間肌断食の時間を作ることから始めてみるといいでしょう。

肌が慣れ始めた段階で週に一度お風呂上りに何もつけない、三日に一度、毎日、などのように段階的に行うと肌に急なダメージを与えず本来の保湿機能を取り戻すことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*